ニュース

木の家の健康を科学する

2021.08.21

小林建設の取り組む「自然素材の木の家」は、
とても快適で、安全で、健康な暮らしが実現できます。

そんな価値のある住宅が、
世の中でどのくらい建設されているのか?と言いますと、

年間新設住宅戸数のわずか「3~5%」にすぎません。

その理由は、

❶工業化社会において自然素材型住宅は亜流の選択肢

❷多くのメーカーは石油由来の新建材を事業化とする

❸大規模住宅供給業者の選択肢には自然素材はなりにくい

❹自然素材の良さを知る工務店は、小規模で告知力が低い

などが考えられます。

そこで、私たち小林建設は
「協同組合、木の家の健康を研究する会」に参加し、

一社では出来ない共同研究を
九州大学と一緒に取り組んでおります。

今回その実験の中間報告を「小冊子」にまとめました。

木の家の健康を科学的に検証する試みは、
新築やリフォームされる方にぜひ知って頂きたい内容です

さて、その「小冊子」、
現在、小林建設のイベントやセミナーに参加された方には
無料で差し上げております。

ご希望の方は、
コバケンスタッフにお気軽に声をおかけください。

よろしくお願いいたします。

 

 

木の家の健康を科学する小林建設 埼玉・群馬
▲小冊子の監修は九州大学の清水邦義先生です。

 

 

木の家の健康を科学する小林建設 埼玉・群馬
▲木の家の健康を科学的に検証します。

 

埼玉県本庄市でYouTubeで建物を見るなら小林建設

 

 

高崎市・前橋市で注文住宅を建てた当社の受賞歴
高崎市・前橋市で注文住宅が評判の小林建設の本
高崎市・前橋市で注文住宅を建てる当社の社長コラム
高崎市・前橋市で注文住宅を建てる当社のスタッフブログ