ニュース

チルチン・小林建設特集⑤

2018.05.30

雑誌「チルチンびと」で小林建設が特集されました!

 

「火のある暮らし」

寒い冬、「木の家」を暖かく、快適に住む為には、
いろいろな方法があります。

小林建設の場合は、まず断熱性・気密性を高めてから
OMソーラーや床下エアコンなどの床暖房が多い。

しかし、お客さまの中には、
住まいの中心にストーブを据え「火のある暮らし」を
取り入れる方も最近増えてきました。

私たちがお勧めするのは薪ストーブやペレットストーブ。

今回の「チルチンびと」では、特に人気のある
「薪ストーブ」、その基礎知識をご紹介しています。

内容的には、

薪ストーブの選び方
街中で使う際のポイント
薪に適した樹種と特徴
薪をつくる
薪の入手・保管方法

これから薪ストーブを使い始めたい方には、
とても参考になるはずです。

 

▲「ギャラリーひのすみか」にも薪ストーブが設置されています。
薪ストーブで燃える炎。それ自体が最高のインテリアですね。

 

▲「滑川の家」(当社施工例)
ストーブを囲んで、ほっと一息。
室内は輻射熱で穏やかな温もりが得られます。

 

▲「滑川の家」
薪は購入することもできますが、自分で薪をつくることも薪ストーブライフの醍醐味です。

 

もうひとつ、薪ストーブの記事で面白いのは、

“火と調理が脳を活性化する!”というお話。

「マッチを擦ったり」、「七輪に火をおこしたり」
「ガスコンロを点火したり」という
自分自身が「火を使う」時に、
大人も子どもも脳が活性化します。

更に「親子調理の習慣が、子どもの脳機能にとても良い
影響を与える」のも効果が確認されています。

要するに子どもの

「火遊び」はダメですが、「火育(ひいく)」はあり!

ということですね。

詳しくは「チルチンびと」小林建設特集を
どうぞご覧ください。

 

▲火と調理が脳を活性化する!

 

「チルチンびと」小林建設特集は定価(本体723円+税)

好評発売中!

amazon.co.jpでの購入はこちら

受賞歴
小林建設の本
社長コラム
スタッフブログ