05

風土に根付く工務店として地域の住文化に関わる

本を読むだけでは家づくりは楽しめません。ご自分の目で実際に見て、体験し、触れることで、
五感にしっくりくる家が出来上がるのではないのでしょうか。

当社では月に2回ほど、週末に、引渡し前のお宅をお借りし、完成見学会を開催しています。当社のつくる住まいはひとつひとつが違う表情を持っていますので、同じ木の家でも、会場ごとに新しい発見を感じていただけると思います。

見学会場でご説明するのは、お施主様と打合せをし、実際に図面を描く設計士です。間取りを語るだけでなく、建築的な視点を交えながら、丁寧にご案内をしております。

当社には営業スタッフがおりませんので、見学会に一度来たら、電話や訪問で困った、ということもありません。

完成見学会の最大の魅力は、家族構成があり、生活動線を感じながら住まいを体感していただけるという点。図面だけでは感じきれない、上下左右の空間の広がり、素材のぬくもりなどは、その場に居なければ分かりません。

家を建てた後も見学会場に顔を出してくださるOB施主様もいらっしゃいますので、住み心地の様子をお聞きできるチャンスもあるかもしれません。

また家づくりのパートナーとなる工務店を探す中、そこで働くスタッフとの相性はとても大事です。完成見学会では住まいへの新しい発見、家づくりの疑問の解消の他にも、コミュニケーションを楽しんでもらいたいと思っています。

ぜひお気軽にご参加下さい。土日の参加が難しい方は、当社にご一報下さい。スタッフが個別に対応することもできます。

見学会は設計士がご案内します。

素顔が交わされる見学会の一場面。ご来場時は、スタッフがお子様の対応をするため落ち着いてご見学いただけます。

完成時には隠れてしまう部分は、実は住まいの心地よさを支える、住宅にとって一番大切な部分であり、私たちが一番みなさんに見てほしい部分でもあります。 そこで、年に1~2回住宅の構造を見る見学会を行っています。

例えば、断熱材、床下の様子、柱、壁の中の構造、配管・配線などの施工されている様子を実際にご覧にいただくことができます。また断熱材や構造部材、陽の栖の住まいの性能を支える建築部材を展示し、触ることができます。

現在工事進行中の現場を実際に使わせていただいているので、想像もしやすいと思います。

そして、なんといっても美しい木組みと、家の中いっぱいに広がる木の香りに心地よさを感じます。家族が楽しく暮らすための家だから、安心・安全をしっかり確かめなければいけません。家を建てる前に構造見学会はぜひ参加していただきたいと思います。

百聞は一見にしかず。ご自分の目で確認すると理解も深まります

木の家を建てるための勉強会として、「住まい教室」を定期的に開催しています。見学会は参加申込は要りませんが、こちらは事前の申込を必要とします。講師役や、ナビゲータ役がいる教室なので、より勉強会の色合いは濃いですが、得るものも大きい勉強会です。定期的に行っているもの、また時勢に応じて様々な住まい教室を企画しています。

住んでいるひとに聞いてみよう
当社のOB施主様のお宅に伺い、そのお住まいでOBさんのお話を聞くことができる住まい教室です。家づくりのポイント、思い出や、住んでからの感想など、ざっくばらんなお話を聞くことができます。また住まいの経年変化の具合も見ることができます。
設計教室
小林建設の特徴のひとつはチームで設計していること。住まいの様々な可能性を提示することができます。設計教室では設計部が自らの設計手法をまとめた小冊子、「すみかをつくる設計ベイシックルール」を元に快適な住まいをつくる家づくりのルールを解説しています。
夏の住まい方教室
暑さの厳しい埼玉県北部・群馬県南部。夏を快適に、そして健康的に暮らすために必要なのは、家を建てる前から考え、建築的な工夫を取り入れ、建ててからも住まい手の工夫を楽しみながら暮らすこと。そんな住まい方を学ぶ勉強会です。
その他にも、ローン勉強会、性能ガイドの勉強会などを定期的に開催しています。告知をしてから1週間ほどで予定数が埋まってしまうこともありますので、HPのイベント情報や郵便でのご案内を欠かさずチェックしていただくことをおすすめします。

小林建設では毎年春と秋、「近くの山の木で家をつくろう」というテーマのもとバスツアーを行なっています。

春は歴史のある製材所や、様々な雑誌にも紹介されている当社指定のプレカット工場などを見学、秋は実際に家の構造材として使われることになる、樹齢70~80年の杉の木の迫力ある伐採現場をご覧いただきます。

山にある木が、加工され柱になり、ご自分の家に届けられるまで、木はどんな人の手に触れ、どんな風に育ってきたのでしょう。

小林建設では、地元の製材業者さんとネットワークをつくり、近くの山の木で育った材を家づくりに積極的に活用しています。近くの山の木で家を建てると

・地域の気候風土に合った家になる
・CO2削減で、地球にやさしい
・地域産業を守り活性化する
・美しい山の維持

という効果・利点があります。それは工務店、製材業者両方の願いでもあり、バスツアーで木に携わる方々の家づくりへの思いや、木にまつわる貴重な話も聞けるチャンスとなっています。爽やかなみどりの中、本物の木を体感し、家づくりも勉強できるバスツアー、木のことを知ると家づくりは、もっと楽しくなりますよ。

秋の伐採見学。たくさんの方に参加頂いてます

お子さんにも、きっと貴重な体験となります

小林建設の本庄展示場、東側駐車場にて、毎夏行われている木工教室です。OB施主様から、これから家づくりに取り組まれる方々も混ざり、毎回たくさんの方にご参加いただいています。

スツールやプランターカバー、マガジンラックなど約10作品から選んで作っていただきます。更に新しい作品も追加されていくので毎年参加するファンもいらっしゃいます。

小林建設の工事部スタッフや、大工さんもみなさんの作品づくりのお手伝いをいたしますので、初めての方や、工具を使い慣れていない方も安心してご参加できます。

夏休みの思い出に、また手づくりの面白さ、完成したときの喜びを体験しませんか。会場内には、カキ氷を楽しめるコーナーもあり、毎年賑わっています。

ものづくりの楽しみを体験できます

夏の思い出づくりにいかがですか

受賞歴
小林建設の本
社長コラム
スタッフブログ