ニュース

日本初のOMソーラー

2018.03.20

先日、静岡県浜松市でOMソーラーの工務店が数社集まり、
勉強会を開催しました。

今回は、今から30年前、OMソーラー協会が設立してから

『日本初のOMソーラーハウス』を

見学できるということでみんな楽しみにしていました。

 

▲OM第一号の建物は浜松市に建っています。

 

▲昔のハンドリングBOX。手動で夏、冬切り替えます。

 

▲昔のOM制御盤。これも手動。

 

▲当時の補助暖房であったポット式ストーブ。ちゃんと現役です。

 

お施主様はOMの生みの親、
東京藝術大学名誉教授「奥村昭雄」先生の大ファン。

30代になり、そろそろ家を建てたいと
奥村先生に相談すると、

「ぼくは設計料が高いからね」

とやんわりと断られ、その代わりに
地元浜松の工務店を紹介してもらったらしい。

お施主さまは当時、まだ世に出ていなかったOMソーラー
の導入にはなんの不安もなく、ご夫婦とも大賛成。

30年たった今でも家じゅうの温度が一定で
床が冷たくないのは本当に心地いいと
満足されているご様子でした。

 

▲30年前、吹き抜けは珍しかった。

 

年数を感じない素敵な空間に工務店の皆さんも感心する。

 

▲お施主様は地元ヤマハの家具デザイナー。

 

30年前の、OMソーラーハウス第一号。

まだまだ元気、これからです!!

受賞歴
小林建設の本
社長コラム
スタッフブログ