木の家を建てる前に

 

木の家(木造注文住宅)をこれから建てようとお考えの方へ、
『思い通りの家は3度建てなければ出来上がらない』と言われますが、実際に3度も家を建てることはできませんよね。

一生に一度になるかもしれない家づくり。

失敗しないためには、
建てる技術のことはもちろん、予算のことや、プランのこと、
その他、いろいろな相談ができる工務店を選ぶことが最重要になってくるかと思います。

ただ、何を基準に選べばいいの?というのは
率直なご質問だと思います。

下記に工務店選びのポイントをあげてみました。
よろしければ参考にしてみてください。


 工務店選びのポイント

1.専門の会社へ
 「何でもやります。」は専門性に疑問を持った方が良いかもしれません。
 専門の会社には、何でも屋以上の技術と知識が豊富なのは言うまでもありません。

2.年間10棟以上手がけている工務店へ
 工務店の規模と従業員のバランスは難しいところですが、
  「つぶれない・続く工務店」の適正規模として、年間10棟は手がけたい。

3.ホームページは参考までに
 ホームページに一目ぼれでは、冷静に見る目を曇らせてしまいます。
 掲載している写真が普段つくっている家づくりと異なることも。

4.工務店を調べる
 工務店周辺の評判や銀行情報など参考にすることも大切。
 最近では、「完成保証制度」に登録していることも大切です。

5.全体のバランス
 デザイン性だけが長けていたり、断熱性能だけが長けていたり、
 低価格だけが…  「限られた何か」だけでなく全体のバランスが大切。

6.要望を聞いてくれるつくり手を選ぶ
 優れた工務店の設計者は、住まい手の要望を何よりも大切にし、
 それをプロの技術でカタチにしていきます。

7.会社を訪ねてみよう
 家を建てるのは、営業マンだけではなく、その会社のチームワークが肝心。
 社内の雰囲気や営業マン以外の顔を見てみよう。

8.体験する
 見学会に行ってその家を体験するとか、住まい手に直接話を聞くとか、
 光熱費のデータを見せてもらうとか… 実際に見る・聞く・知るを体験してください。