ペレットストーブ



ペレットストーブとは?

木くずや間伐材などを粉砕、圧縮して、1立方センチほどの円柱状に固めた燃料がペレットです。木の成分で固まっているため添加物がなく、燃焼時に有害物質を出す心配がありません。
「薪ストーブの維持管理は大変そう。でも、火のある暮らしに憧れている…」そんな方に気軽に取り入れてもらえるのがペレットストーブです。メンテナンス性、操作性も容易で、バイオマスエネルギー使用で地球環境にもやさしく、現在では、国産のペレット、またストーブ本体が多く生産されるようになってきました。煙がほとんど出ないので住宅地にも対応しているといえます。

ペレットストーブのメリット

一般的な暖房器具と比較したメリットは、環境問題が叫ばれる中、化石燃料に替わるバイオマスエネルギーを利用した、環境にやさしいストーブであるということ。エコに貢献できるという、大きなメリットがあります。灯油のように汚れや臭いがつかないので、燃料補給も簡単です。

薪ストーブと比べると、同じく火を楽しむことができるストーブなのは変わりませんが、点火と消火をスイッチで行うところが大きな違いです。

すぐに火を付けたり消したりすることが可能ですので、安全性が高く、火力の調整も簡単にできます。お出かけ前や就寝前にも残り火を気にせず安心してお使いいただけます。また、設置工事が簡単でコストも低く、ペレットという材料自体の燃焼効率が良いため、燃える際に一酸化炭素などが出にくく、灰・煙が少量で済むので掃除やメンテナンスも比較的簡単です。

 

ペレットストーブのデメリット

  デメリットは電気でファンを回すため停電時には使用できないということ。また、薪ストーブと比べ、本体デザインの種類が少なく、 薪割りなど、火を起こすための一連の作業を含めた、スローライフを楽しみたい方には物足りなさを感じるかもしれません。現在、燃料の流通システムが確立していないので、購入店などでの通信販売が主となります。配送費が掛かる場合もあります。燃料は一冬分をまとめて買う方が多いので、湿気を防ぐペレットの保管場所も必要です。

ペレットストーブQ&A

床や壁面の補強は必要ですか?

基本的には下地の段階で補強する必要はありません。しかし本体の下にはタイルなどを敷きます。

燃料費は?

ペレットは現状、流通システムが確立しておらず、ストーブ購入店からの通信販売が主です。輸送費などが掛かる場合もあります。また、一冬のペレットの使用量・使用金額は、使い方、設置場所や気候、建築条件により変わってくるため、正確なことは言えません。参考として、OMソーラーをメイン暖房とし、ペレットストーブを補助暖房にした場合、大体一冬2万円前後、またペレットをメイン暖房とした場合、金額にすると5〜6万円といわれています。ペレットは目安として1キロ当たり60円前後です。ちなみに1kgの燃焼時間は1時間〜1時間30分ぐらいです。

ペレットの保管方法は?

湿度の高い所や雨にさらされる所、直射日光のあたるところでの保管は避けてください。倉庫や物置などが最適ですが、下に台などを置いて直接ペレットの袋が土や床などに接しないようにしてください。乾燥、圧縮しているペレットが湿気を含んで、膨れてしまう恐れがあります。

メンテナンスについて教えて下さい

メンテナンスには、日々のお手入れと、シーズン終了後のお手入れとに分かれます。日常のメンテナンスとしては、炉の下にたまった灰の除去が中心ですが、空気口の灰(スス)の掃除、燃焼室や吸気口の灰の除去、ガラスドアの汚れの除去なども大切です。

また月1〜2回程度、熱交換パイプ内のスス除去を行います。シーズンが終了したときは排気口や煙突を掃除してください。専門家によるメンテナンスをお勧めしているところもあります。きれいにしておくことで 燃焼しやすく、燃費もよくなります。

 

煙が出るから、お隣に迷惑を掛けるのでは?

燃え始める時に少々煙が出ますが、燃焼中の煙はほとんど出ませんので、さほど気になさらなくても大丈夫だと思います。

結露の発生は?

石油ストーブを燃焼すると、窓などに結露が発生しますが、ペレットは原料が木である為、結露の発生はありません。従って、シックハウス症候群の原因となるカビや細菌も生じません。また、木質ペレットはリサイクル可能なエネルギーです。また、燃焼効率もよくダイオキシンや一酸化炭素をほとんど発生させないのも特徴です。

 

ペレットストーブの天井ではお湯を沸かす事は出来るのか?

ペレットストーブの上部は熱くなるため、お湯を沸かしたいと思うのですが、沸騰する程ではありません。保温程度です。一部、置ける仕様になっているものもありますが、基本的にはモノを置かないで下さい。お湯がこぼれた場合は、電気系統が故障する原因となります。

高気密高断熱住宅では、酸欠や空気が汚れる等の心配があるのでは?

ペレットストーブはFF方式であり、強制排気の為、室内の空気を汚しません。また、外気を取り入れる事から酸欠にはなりません。

お客様の声

群馬県佐波郡玉村町Y様
 

薪ストーブは憧れましたが、お父さんが「薪割りはできないから」ときっぱり意思表示。そうだよなーと思い直し、そうだ!ペレットストーブはどうだろう。と思い立ちました。灯油でも、ガスでもないストーブで、エコ的にも経済的にも(灯油が最近高いし)良いのではないかと思います。やっぱり雰囲気が良いです。火を見るって、嬉しいですよね。ストーブもかっこいいので、インテリア感覚で使わない時でも家に馴染んでいます。

急には暖かくなりませんが、デロンギストーブのようにほわんと暖かくなり、優しい感じがします。シーズン中は灰がたまりますし、詰まるとペレットが回らなくなるので、中の掃除は毎日しています。一度、頑張って煙突掃除をしましたが、それほどすすはついていませんでした。煙突に虫や鳥が入らないように、夏場は網をつけたりという作業はあります。灰は畑に蒔いたり、あく取りにも使えたりと重宝しています。