薪ストーブ



薪ストーブとは?

薪ストーブとは、扉を閉じて密閉した器具の中で火を焚く煙突付きの暖房設備です。また、炎が眺められるよう、前面扉などに大きな耐熱ガラスをはめ込んであるのも特徴です。薪ストーブは暖炉の進化したもので、近年スローライフ、エコへの関心が高まり注目されています。空気の量を調節して燃焼効率を高め、薪を長時間燃やし続けます。炎が放つ熱よりも、ストーブ本体の輻射熱で室内を暖める仕組みで、穏やかなぬくもりが得られます。暖房効率も高く、実用性、機能性に加え、炎を楽しみたいという方からも強い要望があります。

薪ストーブのメリット

まず、薪ストーブで燃える炎、それ自体が最高のインテリアとなります。そして、柔らかな暖かさは遠赤外線を発する薪ストーブならでは。体の芯から暖めてくれます。また、寝る前に薪をしっかり入れておけば、一晩中ゆらゆらと燃え続け、途中で火が落ちたとしても、空気だけでなく、部屋自体が暖まっているので、急激に室温が下がるということはありません。薪も入手経路を工夫すればほとんどタダで集まります。  

  このようにメリットは様々ありますが、薪ストーブの本当に良いところは、あえて手間をかけて使う点です。

自らで薪を割って積み上げていく達成感や、その薪を焚いて炎を見守る、その時の心の安らぎは何物にも換えがたい貴重なひと時です。


薪ストーブのデメリット

薪ストーブの最大のデメリットは、手間と時間が掛かること。メリットでもありましたが、デメリットでもあります。
たいていの方は、薪集めと薪作りにかなりの週末を費やすことになります。使用量にも因りますが、春先に始めたとして、梅雨前に終われば御の字。また意外に盲点なのが、作った薪の保管場所です。出来るだけ家に近いところにスペースを確保すると便利です。また、薪ストーブは焚き始めて室温が上がり出すまでに時間がかかるのも注意点です。朝ではなく夜向きの暖房とも言えます。

薪ストーブQ&A

設置費用はどれくらい?

一概には言えませんが、薪ストーブ本体と煙突、組立費用合わせて100万円前後です。
また、薪ストーブには小、中、大型機種があり、一晩火を保たせたい、料理に使いたい、大きな薪を入れたい、とお考えなら中〜大型のサイズが使い勝手が良いと思います。
煙突は屋根上まで立ち上げるので、平屋か二階建てか、吹抜け部分を通すのか二階の床を抜いて通すのか、などで費用が変わってきます。また、その他費用として、炉台・炉壁、降雪地帯では屋根上の煙突が雪で持っていかれないようにするための「雪割り」、火掻き棒などのツール類、灰取りバケツなどの周辺グッズや、斧やチェーンソーなどの薪作りに必要なものの予算も見ておきましょう。ずっと使える、しっかりしたものを揃えようと思うと、それなりの値段になります。

薪の集め方は?

すぐ焚ける薪は売っていますが、かなり高価です。しかし、薪が集まり、その後の手間さえかけてやれば、限りなくタダとなります。具体的な入手経路としては、街路樹などの手入れなども請け負う土木屋さん、造園屋さん、木工房、果樹園、森林組合などに声を掛けておけば、薪は集まります。2m位の原木の状態かもしれませんし、運がよければ40〜50cmに玉切りまでしてあるものを譲ってもらえるかもしれません。慣れない頃は折衷策をしていくのもありです。また新築の木造住宅の現場の端材も焚き付けには最適ですので、あらかじめ大工さんに声を掛けておくのも手です。

 

薪の保管は?

薪は割った後、乾燥させなければ使えません。乾燥を兼ねて保管する訳ですが、直接雨がかからないことと、風通しを良くしておく、この2点に注意して下さい。薪小屋があればベストですが、ない場合は次のように保管しましょう。

 ・地面に直置きせずに、何かをかませて地面から離す。
 ・上から雨が直接かからないよう、積んだ薪の上にシートや板などを乗せておく。

風通しの点から、上面だけカバーできていればOKです。こうやって1〜2年置いておきます。木口にひび割れが出来てきたら、乾燥が始まっている証です。また、細く割るほど早く乾燥しますが、火持ちは悪くなります。逆に、太ければ太いほど火持ちが良い訳ですから、薪ストーブに入るだけの太さまで割ればOK、ということです。

とはいえ、いきなり太い薪は燃えません。焚き付けから太い薪まで、徐々に投入する薪を太くしていきます。なので、焚き付け用(指の太さ以下)、細い薪(握りこぶし以下)、太い薪といった具合に、あらかじめ3段階程度に分けて準備・保管しておけば後が楽になります。

 

薪の使用量は?

地域、薪ストーブの大きさ、焚く時間、焚き方、樹種などによって変わってきますが、主暖房にするか、補助暖房にするかでも使用量は変わります。また、同じ量の薪でも、細く割ってしまうと火持ちは悪くなります。

薪ストーブで燃やしてはいけない薪とは?

薪ストーブで燃やす薪は、加工のされていない、ナチュラルなものを使って下さい。ペニヤのような合板は接着剤が使われていますし、防腐処理や塗装をしてある材木も使えません。その他、流木は含まれている塩分が内部のサビの原因に、竹も急激に燃えすぎるので、避けた方が良いです。

 

一般的に「広葉樹・堅木は火持ちが良く、針葉樹・軟木は火持ちが悪い」と言われていますが、一番重要なのは、木の種類よりも乾燥具合です。これから薪ストーブを設置しようとしている人は、薪だけは先行して準備しておいた方が良いですね。

煙突掃除について教えて

煙突掃除は年に1度が基本です。掃除の時期を判断する簡単なチェックとして、着火時にスムーズに燃えなくなってきた、薪投入時に煙が戻るようになってきた、室内のシングル煙突を爪先で叩いてこもった重い音がしたとき、またさらに、指の腹でやや力を入れてシングル煙突を叩いたとき内部の煤が衝撃で剥がれてパラパラと落ちてくる音がしたときなどは掃除のタイミングです。掃除をせずに放っておくと、煙道火災の危険も出てくるので、できるようならシーズンオフには一度、煙突掃除をおすすめします。煙突掃除の用具を一式買って自分でやるという手もありますが、屋根の上に昇るなど危険が伴いますので、初めの一回はプロに頼んで脇で見学させてもらい、方法・手順などをチェックして以後自分でやれるかどうか、それで判断するのもよいと思います。また本体消耗品のチェックも必要となってくるので、費用は掛かりますが、購入店に掃除をお願いすると、使い方のアドバイスや、次回の煙突掃除のタイミングまで教えてくれます。


お客様の声

埼玉県熊谷市T様
  家をつくるなら必ず薪ストーブを入れたいと考えていました。薪ストーブの炉台(ストーブを載せる台)を探していたとき、薪ストーブ屋の店主に「炉台なんて自分たちでつくれるよ。」と言われたのがきっかけで、レンガを積み上げ、炉台を自分達でつくりました。それから、せっかく自分の家が建つのだから色々やってみようと、薪の設置棚、家廻りの塀、雨水樽、そして外構まで自分達で行いました。とても思い出になりましたし、今も薪ストーブは料理もできるので夫婦で楽しんでいます。

群馬県藤岡市M様
  上棟ギリギリまで薪ストーブを入れるかどうか悩みましたが、火を楽しむという点でも、設置して正解でした。寒い日の朝は、子どもたちの起きる時間に合わせすぐ温まるOMの補助暖房をタイマーで使っていますが、夜はストーブのみです。消した後も屋根へと続く煙突自体の熱で2階まで暖かくなります。薪は家を建ててから知り合った園芸屋さんから貰っています。エコや自然なものへの関心も高まりました。