ニュース

磐梯山(ばんだいさん)

2018.08.16

お盆休みは、
福島県のシンボルでもある『磐梯山』を登ってきました。

あの有名な民謡にもある
「エイヤ~ 会津磐梯山は 宝の山よ~」ですが、

いつも、なぜ宝の山なのか?わかりませんでした。
調べてみると、
実際に山から金とか銀とかザクザク出てくるわけではなく、

磐梯山周辺は気候が良く作物がたくさん育ったという話や、
秋には笹が黄色くなって小判色に見えたということらしい。

 

▲明治21年の大規模な水蒸気爆発により、山体崩壊が起き、現在の形となった。

 

私が登ったのは「八方台登山口」から磐梯山へ登るコース。
最短距離で山頂まで登れる一番人気のコースです。

時間的には往復4時間、初心者でも大丈夫です。

 

▲八方台登山口には、駐車場、トイレ、休憩所が完備。
▲1kmほど進むと「中の湯跡」に到着。かつて、
温泉宿があったが20年位前に廃業したとか。
▲アップにするとご覧の通り。完全なる廃屋です。
▲そろそろ疲れたこ頃、山頂までアト500mの場所にあるのが「弘法清水」。2軒の売店はありますが、宿泊はできません。
▲更に急登を頑張れば
▲ようやく磐梯山山頂です。

 

 

山頂へは予定通りに2時間ちょっとで到着。
ここで360度の大展望が楽しめるはずですが、
急に雲が出てきて見通しがきかない。

雨になったら困るので、昼食もとらずに下山したのですが、
間に合わず、途中で「どしゃぶり!」

もう、びしょ濡れです。

 

▲山頂へ着いた途端、雲行きが怪しくなる。
▲帰りは強い雨で登山道が川の状態。ぐちゃぐちゃで大変でした!

 

お盆のさなかとはいえ、やっぱり磐梯山は登山者が多い。

今回は、びしょ濡れになりながらも、
たくさんの老若男女とすれ違う賑やかな登山となりました。

100名山でもある『磐梯山』。オススメです。

受賞歴
小林建設の本
社長コラム
スタッフブログ