ニュース

伐採バスツアー

2017.11.08

毎年、春と秋に開催する山のツアー。秋は迫力満点の「伐採バスツアー」となります。

今回の伐採現場は、1週間前の台風の影響で急遽変更となり、(林道が崩壊)
「埼玉県秩父市山田」という場所です。

当日は天候にも恵まれ、絶好の行楽日和でした。

 

▲今回は「赤」のモミジと

 

▲「黄」のイチョウが、とても美しい日でした。

 

▲まず、伐採をしていただく守屋さんからお話を聞く。

 

▲倒す位置を確認する。緊張する瞬間です。

 

▲ゆっくりと狙った場所へ倒れていきます。

 

▲倒れた杉の丸太は、まだびしょびしょ。

 

▲参加された皆さんに丸太のスライスをプレゼント。

 

ところで、「伐採バスツアー」は毎年『秋』です。
なぜ『秋』に伐採するのか? という点についてご説明しますと、

林業において木の伐採を行う場合は、春から夏の木が成長する温暖な時期より、
木が眠りに入るとき、つまり11月から3月頃の寒冷の時期がベストと言われています。

その理由は、空気が乾燥していて切りやすいから。
そして、腐れにくい、カビにくい、虫がつかない。

すなわち色つやが良く、美しい木になるからです。

現在では乾燥技術も発達して、木の伐採は1年を通して行われていますが、
できれば秋から冬がイチバンです。

▲最後に記念撮影

 

大人からお子様まで楽しく学べる山のツアー。

次回は「春の山」。新緑が最も美しい5月に開催いたします。ご期待ください!

 

受賞歴
小林建設の本
社長コラム
スタッフブログ