8

自分達で暮らしの何もかもができる隠居所

高崎市

高台にある静かな住宅地の一角に建つご夫婦の家。塀で囲まれた家々が連なる中、この家だけは、塀の代わりに中低木がゆったりと植栽されています。「塀がないために、ご近所を散歩される方が、この家や周りの木を眺め、そこからお話が始まる事もあります。越してきた時から、この土地に自然になじむようにつくられている家なんです」

ご夫婦がこの地に家を建てたのは、実に10年以上も前のこと。それからさらに遡ること数年前、奥様は、図書館である建築家M氏の存在を知ります。「その方が手がけた家の屋根が、とてもきれいだったんです」
分譲住宅に住んでいたご夫婦にとって、家を建てるなどというのは思いもよらぬことでした。しかし、ご主人が定年を迎え、暮らしや生き方について、その考えが少しずつ変わり、ついに決心。

「思い切って家を建てようと。建築のことは何もわかりませんでしたけれども、M先生が取り組んでいらしたOMをふと思いだしたんです。それで自分なりに勉強したり、展示場などを見たりする中で、思いがけずM先生にもお会いできたんですね。それでもう、この方にぜひ、建てていただきたいと思ったんです」

 

もともと山の近くに住みたいという思いがあったために、それまでの家を売り、現在の土地を購入。「先生も私の考え方に共鳴してくださって『若大将のいいのがいるから』と紹介してくださったのが、小林建設さんだったんです」しかし、長年大きな企業に勤めていたご主人にとって、全国区ではない地域の工務店は未知の存在。不安が全くなかったと言えば嘘になります。「工務店というのは、手作りですからね。しかも私は建築の素人。予測のつかない部分がありました」けれども、書籍等に優良工務店として紹介されていること、そして、何よりも全幅の信頼をおくM氏が太鼓判を押していることから、不安は解消。むしろそれは期待に変わっていきました。

 

ご夫婦が住まいに求めるものは、きわめてシンプルでした。
「老後、あくまでも夫婦二人で住める、新しいカタチの隠居所を設計してくださいと。歳をとっても、全部自分達で、しかも一階のスペースで何もかもができるよう、お願いしました」
中央に配置した階段によって、水回りとLDK、寝室を分け、なおかつ階段まわりは収納スペースの役割とともに、移動の際の手すりの役目を果たします。大きく暮らす感覚と、必要なプライバシーを備えた空間は、まさにこの家の特徴ともいえます。また、南向きの玄関は、単なる出入りのスペースにとどまらず、魅力的な空間を演出しています。冬にはたっぷりの陽が差し込み、まるでサンルームのような暖かさ。夏には断熱ゾーンとしてその役割を果たしています。

十年一昔といいますが、実際に10年以上暮らした今でも「こんなにいい家はない」「こんなに住みやすい家はない」とご夫婦は口を揃えます。

 

太陽熱を利用したつくりのおかげで、温度的にも確かにあったかいんでしょうけれども、気分的にもあたたかな家。空気も、色も、音も。数字的にも、数字に出ない部分、住む人の思いに応えてくれる家だなぁと思います。しかも明るくて、イメージ的にも隠居所の暗さはないでしょう。

 

「この家の何もかもが好き」という奥様の、中でもお気に入りは、リビングの西側にある小さな窓からの眺め。歳月に呼応するように生長していく木々や、季節の移ろいに合わせて、あるいは風や光によって姿を変える景色が、窓という額縁越しに眺めることができます。

「風の吹き方、陽のあたり方一つで、まったく違った眺めがそこにあるんです。こうした時間が持てるのも、本当に愛すべき家に出会えたおかげ。そして、こうして幸せに暮らす事ができるのは、もちろん設計の素晴らしさもありますが、こまめにメンテナンスに来てくださる小林建設さんのおかげでもありますね。かつての『若大将』は、やはり今でも頼りになる『若大将』のままですよ」

受賞歴
小林建設の本
社長コラム
スタッフブログ