6

自然の恵みをありのままに

太田市

ご主人は「自然の恵みをありのままに使った健康的な家になりました」と話す。大黒柱は杉の8寸(24センチ)角。無垢の柱や梁の持つ材質感を、吹き抜けの伸びやかな空間に取り込んでいることが大きな魅力。無垢の木と左官仕事の漆喰壁で、さわやかな住み心地。夏の木陰のように、ひんやりしている。

 

「うちにはスリッパがないんです」と奥様。唐松のフローリングは、素足で歩くのが気持ちいい。ワックスは木肌の呼吸を妨げず、赤ちゃんがなめても安全な自然系のオスモカラー。すべてオーダー建具の塗装は、渋柿を潰して発酵させた天然塗料の柿渋。きれいな空気と安全な素材に包まれて、おおらかに暮らせる。

 

「うちにはエアコンもありません」間取りが開放的で、天井は大きな片流れ。掃き出し窓から入った風が家中を気持ちよく抜けていく。また、太陽の恵みを上手に採り入れたOMソーラーシステムを採用しているため、夏は床下から涼しい空気を取り入れることができる。

OMソーラーは、屋根に当る太陽熱を集めて冬はストレスのない穏やかな暖かさを家全体にもたらすことで知られる。夏はこの熱をお湯取りに利用し、余った熱は排熱。床下からの涼しい空気や自然素材の調湿性とも相まって、酷暑でもそれほど暑さを感じないのが特長。

 

「収納をたくさん造り付けてもらったので、家の中がすっきりしていて使いやすいです」とご夫婦は語る。キッチンカウンターは水に強い栗の板。洗面は白いモザイクタイル。和室は地窓を設けて光と風をめぐらせるなど、機能とデザインにこだわった住空間が広がる。

 

「木と自然の住まいは、子供たちが思い切り走り回れます。友人が来ると『とてもくつろげる』と好評です」とご夫婦は満足そうに語る。

受賞歴
小林建設の本
社長コラム
スタッフブログ