2

自然の恩恵を受ける家

鹿島町の家
伊勢崎市

Q.1 小林建設を知ったきっかけは?

前の家の雨漏りがきっかけで、建て替えを決めました。調べるうち、OMソーラーに興味を抱くようになり、群馬でOMソーラーの実績がある小林建設の存在を知りました。見学会に頻繁に行くことができたのは、しつこいセールスがなく、じっくりと見せてくれたからです。逆に、色々なことを聞きたくなりました。

Q.2 お住まいの周りは緑が豊かですね

もともとこの地で生まれ育ったので、かつては農家だった敷地の畑や庭はそのままに生かしてもらうことにしました。玄関に続くスロープからは木格子越しに、新緑の木々やサツキの花が咲くのが見えます。古い石灯篭が佇む、歴史ある庭も雰囲気があるでしょう。

Q.3 お住まいのコンセプトを教えて下さい

『自然の恩恵を受ける家』です。建築材料にはもちろん自然素材にこだわり、地元産の杉の木や、珪藻土などを使いました。また周辺の自然環境も巧みに利用し、赤城山が見え、川が流れるなど、自然豊かな風景や、もともとの庭を生かし、住まいと庭が一体になるように設計を進めていきました。

Q.4 プランの特徴を教えて下さい

基本的には、四方に視線が抜けるように設計してもらいました。実際の広さ以上に広々と感じます。リビングの南側の開口部はすべて引き込めるようになっており、すっきりと見えます。また、広いウッドデッキを設け、栗やカリン、ユズなどの木が立ち並ぶ庭に出やすい造りにしてあります。

室内は格子のデザインを取り入れてもらい、シンプルな木組みのデザインの中にも、落ち着いた雰囲気を感じます。夏は見た目にも涼やかです。

Q.5 OMソーラーのお住まいはいかがですか

赤城おろしが吹くこの地方独特の厳しい冬の季節でも、室温が13℃を下回らず快適でした。OMソーラーと気密性・断熱性に優れた家だからこそです。風が通るため、ひと夏に冷房をつけたのは1、2回。冷房に頼り過ぎず、冬は寒く夏は暑いということを感じながら、健康的に暮らしています。

Q.6 家を建てて暮らしは変わりましたか

リビング隣のダイニングの濡れ縁は、畑仕事の合間に一息入れる場となりました。今になって、この土地の良さが分かります。朝、起きて庭や畑に触れるのが楽しみで、収穫した苺をジャムにしたり、自家製コンニャクをつくるなど、庭や畑の話題が夫婦でも尽きません。

受賞歴
小林建設の本
社長コラム
スタッフブログ