「陽の栖」を支えてくれている職人たち



  現場の中心が現場監督なら、
大工たち職人を率いて普請における
責任を負うのが「棟梁」です。

木という自然の素材を扱う仕事は、
木そのものについての知識や技が
必要とされるのはもちろんのこと、

地域の風土に根ざした知恵もまた
欠くべからざるもの。

言い換えれば、
地域での暮らしを最もよく知り、
その土地を愛し、誇りをもって
家づくりに取り組む一人といっても
過言ではありません。

手がける住まいはわが子同然であり、
無事安全に、
念入りに遂行したいという思いは
常に整然と清掃された現場を
見てもわかります。





  柱や梁など、木組みを意匠として
そのまま見せることの多い「陽の栖」では、
まさに大工の腕の見せどころ。

正確にノコギリを挽き、
丹念に木肌にカンナをかけるー

細かな部分も次々と手早く
精鋭に仕上げていく様は、
卓越した技を持つ匠ならではです。

さらに上方を仰げば、瓦師、
板金屋、鳶職人たち…。

先々代の頃よりつきあいのある、
腕の確かな職方は、
小林建設の強みの一つ。

それぞれの技を誇る匠たちが
質の高い住まいづくりを支えています。

 



  どれ一つとして同じものがない住まい。

当然、職人にも柔軟な感覚、
技術の幅が求められます。

オリジナルの建具を
無垢の家にふさわしい美しさに仕上げ、
さらにはふすまを壁に引き込む設計などにも
確かな技術で対応する建具屋。

さまざまな表情を繰り出す畳屋、
あらゆる壁材を見事に塗り分ける左官屋、
あっという間に整然と敷き詰めていく
タイル屋、

そして、
住まいと呼応した風景をつくる造園屋まで。

そこには
掌の仕事ならではのぬくもりがあります。