ハウスGメン優良工務店受賞


OMソーラー協会では家づくりのサポートとして、お客様の不安を除く為、会員工務店が集い『OM総合保証』を設立しています。
その『OM総合保証』は年に一度、総会が開催されています。
ハイライトは、過去一年間における「優良工務店」と「優良工事担当者」の発表で、高評価を得るには“ハウスGメン”という検査機関の指摘数が少ないことが条件です。
この“ハウスGメン”とは、ホームページをご覧になるとわかりますが「工務店に一番嫌われているほど価値がある決して妥協しない検査・評価・保証のプロ集団」をうたい文句にしている、数ある第3者検査期間の中でも特に検査の厳しい検査機関です。
 
表彰されるには、このハウスGメンから「品質管理点数90点以上」かつ「年間5棟以上」をクリアしなければいけません。

 

そんな厳しい条件の中で小林建設の結果は、「優良工務店表彰」と「優良工事担当者表彰」のダブル受賞。しかも2005年から現在も記録更新中の連続ダブル受賞は日本全国で一社のみ。(OM総合保証確認済み)更に嬉しいのは、全ての工事担当者≠ェ品質管理点数90点以上(当社には100点満点の担当者もいます。)で社内全体の品質管理にバラツキがないということです。

 


「いい家」は設計力、プラス工事担当者の力量です。

私達はこれからも、“日本で最も厳しい検査機関ハウスGメン”の検査にも裏付けられた、お客様の安心・確実な家づくりに貢献していきます。



 OM総合保証
OM総合保証では、建主様に「安心」して家づくりを進めていただくために、「OM住宅総合保証制度」により、完成保証・地盤瑕疵(かし)保証・建物瑕疵保証を一体にし、建物建築中から完成後も長期的に確かな安心を保証いたします。
ハウスGメンの厳しい検査に合格した建物に対して保証が適用されますから、「品質の高いOMソーラーの家」につながります。今回の受賞は、そのハウスGメンの検査について、指摘事項の少ない優良工務店・優良工事担当者に対して行われました。



 

私たち小林建設が
ハウスGメン優良工務店で
優良工務店」「優良工事担当者」を
受賞できたのも現場監督の現場力のおかげ。


家づくりはチームワークなくしてはありえません。

いい腕の大工さん、左官屋さん、建具屋さんなど
職人さんたちの卓越した技術を
思う存分発揮できるようにコーディネートする。

さらに「現場」全体をチームとしてまとめ
支えるのが「現場監督」です。

設計図を正しく読み、
部材一つ一つの寸法を示す施工図を作成し、
これをもとに墨を引き、
職人を動かす役目を担うのが、その主な仕事です。


 

  木の家づくりでは、職人の技術力はもとより、
住宅の性能・価値が問われる今、
その品質を管理する現場監督の責任が
大きいことは事実。

長期優良住宅や性能評価にも応え、
現場を統括する小林建設の現場監督は、
第三者検査機関「ハウスGメン」において
2005年から優秀工務店、優秀工事担当者として
表彰されています。

これらは、きっと配管の墨出しまでも
職人任せにしない彼ら「現場監督」の
ポリシーと日々の努力の賜物ではないかと
考えています。