お客様の声

眺めの良い家 木のぬくもり いつまでも仲良く暮らしたい家

9855

外から帰ると木の香りがやさしく迎えてくれます。
「木の家は飽きない」「この家といつまでも仲良く暮らしていきたい」と夫婦で話したりもしています。

…続きを見る


「赤い橋」のある世界にひとつの家

建てる前から木の家と決めていました。初めて行った見学会ですぐに小林建設のファンになり、その後は30軒以上の家を見に行きました。

…続きを見る


OMソーラーと薪ストーブ エアコンなしで暮らすパッシブな家

自然と調和した暮らしがしたく、「住むなら木の家で、健康と環境にやさしい住まい」と決めていました。高崎展示場での出会いをきっかけに小林建設さんの家に引込まれていきました。

…続きを見る


家族の楽しい居場所が あちこちに見つかる家

長男の小学校入学を機に地元の本庄へ戻るつもりでいたご夫婦。どんな家に住みたいかと考えたとき、「機械だけに頼らず、快適に過ごしたい。そんな夢のような家はないかと(笑)。建築に詳しい先輩に相談したら、OMソーラーはどうかと言われました。」

…続きを見る


パッシブの考えがたっぷり詰め込まれたお宅

家づくりで敷地をどう使うかは、重要な問題です。北側に接道し、南北に細長い変形の敷地。建物の配置を含め、利用方法はいろいろ考えられましたが、私たちはご夫婦との打合せの末、水回りのみ北側に張り出し、空いた空間を駐車場スペースとするプランニングにしました。

…続きを見る


自然の原理に合ったライフスタイルと家づくり

ご一家は、ライフスタイル重視の家づくりを最大のテーマにしました。ご主人は、食事や生活から健康を見直すマクロビオティックにひかれ、山梨県の研究所やアメリカのボストンで学び、現在は実家に戻って食生活法の普及、食材の販売に携わっています。

…続きを見る


日本に住むなら“日本らしい”家づくり

ご主人のお仕事の関係でイギリスに8年ほど滞在していたご夫婦。帰国して家を建てるにあたり、まず念頭においたのは、輸入住宅のようなものかと思いきや、意外に、「日本に住むんですから、日本らしい家でした。」と奥様。

…続きを見る


工業製品のような家には住みたくなかった

「工業製品のような家には住みたくなかった」とご夫妻は家づくりの経緯を語ります。 「工場で作った骨組みにパネルをはめて出来上がり、という感じの家では嫌でした。

…続きを見る


余計な装飾がなく、すっきりと、凛としている

本当は、ログハウスが好きで、若い頃から憧れていたんです、とご主人は言う。「とはいえ、現実には、町中でログハウスに住むわけにもいかないですから、ハウスメーカーの展示場とかを見て回っていました。

…続きを見る


自然の恩恵を受ける家

群馬県伊勢崎市の田園風景の中に佇む一軒の家。かつては農家だった敷地の畑や庭をそのままに生かした玄関に続くスロープからは木格子越しに、新緑の木々や鮮やかなサツキの花が咲く花が見えます。

…続きを見る


第2の人生を新しい土地で

合併で群馬県高崎市の一部となった箕郷町は、榛名山のふもと近くの町。榛名山に向かって左手に妙義山、右手に赤城山を仰ぐ、山並みの眺めが美しい土地です。

…続きを見る


山の見える町に。夫婦2人の“終の住処”

アオジ、コジュケイ、ルリビタキなど野鳥のさえずりが聞こえる里山に、自然に包まれ、溶け込むようにたたずむ富岡市のお住まい。ご夫婦がゆったり2人の暮らしを楽しむお住まいです。

…続きを見る


“VIPルーム”と夫婦が呼ぶ部屋

使い勝手のよいキッチンカウンターや、親の目の届きやすい間取りは、子どもと一緒の時間を増やしてくれる、共働き夫婦を応援してくれる住まい。さらにこの家には“VIPルーム”と夫婦が呼ぶ部屋まであるといいます。さて、どんな部屋なのでしょう―。

…続きを見る


自分達で暮らしの何もかもができる隠居所

高台にある静かな住宅地の一角に建つご夫婦の家。塀で囲まれた家々が連なる中、この家だけは、塀の代わりに中低木がゆったりと植栽されています。「塀がないために、ご近所を散歩される方が、この家や周りの木を眺め、そこからお話が始まる事もあります。…

…続きを見る


光と風が同居する家

家づくりは、手を抜けない。小林建設さんの姿勢を見て、施主も、工務店も、それは同じなんだと思いました。当時住んでいたアパートの夏の暑さと臭いから、一日も早く脱出したかったというご夫婦。あるハウスメーカーとの契約直前、ふと疑問が生まれます。

…続きを見る


自然の恵みをありのままに

ご主人は「自然の恵みをありのままに使った健康的な家になりました」と話す。大黒柱は杉の8寸(24センチ)角。無垢の柱や梁の持つ材質感を、吹き抜けの伸びやかな空間に取り込んでいることが大きな魅力。

…続きを見る


薪ストーブがシンボルの家

「家の中に入ったときの雰囲気や、珪藻土の白い壁と杉の木の色のバランスが良くて…、それに、中は決して広くはないのに、とてもいい空間だと感じ、まさに一目ぼれでした。」初めて見学会にいらしたときの感想を語って下さったご夫妻。

…続きを見る


夢を実現させるための家づくり

「この家は長年の夢を実現させるために建てたんです!」そう笑顔で語るご主人。その夢は、家のプランに見事に反映されました。このお宅は、こだわり抜いて出来上がった、ただ一つのかけがえのない家なのです。長年マンション暮らしだったご一家。

…続きを見る


大空間を快適にしてくれるOMソーラー

「ゼロからの工務店探しでした。基本は、木の香りのする健康住宅で、OMソーラーがいいと思いました。小林建設さんは、ネットで検索して見つけました。問い合わせした後の対応が、一番印象的でしたね。毎月送られてくる『陽の栖通信』が、素朴な手作り風で、誠実さがにじみ出ていました。」

…続きを見る


県産材でつくる明るく開放的な木組みの家

平成19年4月、家を建てられたご夫妻。お友達が小林建設で家を建て、その評判を聞いて高崎展示場の「杉の家」を訪れたときに強い印象を受けたと言います。「それまでもモデルハウスなどをいくつも見てまわりました。

…続きを見る