「木の家をつくりたい」が上毛新聞の“読者欄”で紹介されました。

2010年4月17日

「木の家をつくりたい」が上毛新聞の“読書欄”で紹介されました。

内容としては、

埼玉県や本県(群馬県といわないところがイイ)を主なエリアとする工務店の社長がまとめた一冊。同社が手掛ける、地域の材料を使い大工や左官職人ら地域専 門業者とネットワークを組んでつくり上げる「木の家」を紹介し、家づくりのヒントを提示する。etc

こんな感じです。

出版した後で気づいたのですが、本の中で、

埼玉、群馬、熊谷、前橋、秩父、西毛、地元、近くの山の木、

などの言葉がやたら多い。

実際の読者の方は、発行元のアスペクトさんの関係なのか、私の想像以上に広範囲で、

大阪、滋賀、静岡、宮城などからも反響ハガキが届きます。

先日、研修でお伺いした新潟の工務店さんからも「本を買いました!」と声をかけられました。

とすると、私の住む地域に片寄り過ぎ?
急に赤城おろしのからっ風がああだ、こうだと言っても、大阪の方には理解できないだろうなー
などといまさら反省しております。

でも、日本国土の70%は森林ですし、
全国どこでも「木の家をつくりたい」方はたくさんいらっしゃる。
必ず参考になると思います。

書籍「木の家をつくりたい」、ただいまアマゾンのカテゴリー内ランキングでは、上位にくい込んでいます!

今後もよろしくお願いいたします。

上毛新聞で紹介されました。
アマゾンの住宅建築部門では上位にランキングされています。