正直につくる木の家 陽の栖

陽の栖にふれる

陽の栖を知る

陽の栖からお知らせ

陽の栖モデルハウス

正直すぎるほど、あたり前を貫く

〈凡事徹底〉という言葉があります。
あたり前のことをあたり前のように行う、これをすべてにおいて貫くという意味です。
小林建設にとっての「あたり前」とは、一言でいえば「いい木の家」を正直に、丁寧につくること。
この生命線を守るために、施工エリアは本社から1時間圏内と決めています。
ビニールクロスの住宅や建売住宅、土地の仲介などとも無縁です。
あれもこれもと手を広げず、「注文住宅一本」。この潔さが私たちのルールです。
棟数を追うよりも、目の前のものに誠意を尽くすやり方が最も小林建設らしいとも思っています。
家を売るのが仕事ではありませんから、当然、営業マンはいません。
そのかわり、打合せの時間をたっぷり設け、見学会やイベントなどを通して
お見せできるところは全部お見せして、小林建設の家づくりを理解していただき、
住まい手ご自身にも家づくりそのものを楽しんでいただきたいと思います。
自社設計にこだわるのも、自然や地域との関りにこだわるのも、
〈凡事〉の先にお客様の真の満足を描いているからこそ。
地域に生きる工務店としての覚悟、その志を
感じとっていただけたらうれしく思います。

小林 伸吾